引越しお役立ちコラム

  1. トップページ
  2. 引越しお役立ちコラム
  3. 事務所移転は自分の会社をアピールできるいい機会

引越しお役立ちコラム

事務所移転は自分の会社をアピールできるいい機会

事務所移転というのは、自分の会社をアピールできるいい機会でもあります。

例えば、事務所戦略として、上場する場合にインパクトを業界やマスコミに対して与えることができるようなものを打ち出して、興味を投資家が示してくれるようなものなど、ビジネスチャンスに事務所移転をつなげている場合も多くあります。

このような場合、具体的に事務所移転の目的を経営戦略と連動して検討することが大事になります。

また、ビジネスチャンスになる以外に、社員のモチベーションをアップしたり、部署間の壁を取り払ったり、いくつかの事務所を集めることによって費用が軽くなったりするなど、事務所移転はいろいろな問題が解決できるチャンスにもなり得ます。

賃貸借契約を取り交わす場合の注意ポイントについて見ていきましょう。

事務所移転 事業拡大.jpg

事務所賃料のマーケットは、全く安定感した感じがありません。

バブルの時期のように高騰することはありませんが、例えば、数カ月前までは1坪当たり18,000円の事務所が1坪あたり25,000円に上昇したという場合もあり得ます。

定期借家契約は、2000年3月に施行されましたが、このようなトラブルを解消するために役に立っています。

事務所における定期借家契約というのは、期限付きの所有権として事務所スペースを契約するもので、賃貸借契約の一般的なものとは違っており、こちらの要求に応じて契約期間は決定することができるようになっています。

コンサルタント業者で定期借家契約の代行を行っているところでは、同業他社と依頼された会社の財務内容などを比べて、会社の信用力を出す場合があります。

このことによって、低い信用力の会社は契約期間中に倒産などによって事務所を退去する恐れがあると見なされ、賃料にこのリスクが上積みされる場合もあるそうです。

このサービスは、数値の客観的なものを示すことによって、貸主とテナント会社の間の了解を取るもので、結果的に貸主には収益が安定して約束され、テナント会社には費用削減のメリットがあることになります。

引越しお役立ちコラム一覧