引越しお役立ちコラム

  1. トップページ
  2. 引越しお役立ちコラム
  3. オフィス移転の場合に新しいオフィスを設計するステップ

引越しお役立ちコラム

オフィス移転の場合に新しいオフィスを設計するステップ

オフィス移転の場合には、新しいオフィスを設計する必要があります。

ここでは、オフィス移転の場合に新しいオフィスを設計する場合のステップについて見ていきましょう。

まず、オフィス移転の場合には現状のオフィスを把握します。

管理者や一般の社員の見方はそれぞれ違っているので、見方が偏らないようにしましょう。

次に、新しいオフィスの場合に必要な性能や機能についてまとめます。

この際、会社のソフト面のCSRやブランディングなども入れ込むことが大切です。

社員や関係会社、顧客などへ、どのようなことを目指すオフィスであるのかということを発信することによって、目的を明確に伝えることができます。

オフィス移転 設計.jpg

レイアウトのたたき台になるものをベースに、配置割りのゾーニングと言われる、視覚でコミュニケーションや部署間関連などの相関性をチェックする作業をします。

また、概算見積りをこの段階において入手し、大きく初めの予算から狂っていないかチェックしましょう。

家具や内装を選ぶ場合は、オープン価格のものは、判断・比較が難しいため、見積もりを数社から入手するか、プロに判断してもらう、椅子の場合はある程度の価格ものを買う、ということなどに注意しましょう。

新しいオフィスを設計する場合の最終の段階において、デザイン、家具、内装、IT環境、セキュリティなどのいろいろな条件を、納期や金額などとともに取りまとめます。

新しく買うもの、移転するもの、廃棄するものに区別して、床・壁などの内装工事や電話、OA機器、照明、空調などの設備工事などのオフィス移転の方法、スケジュールを決定します。

新しいオフィスの仕様を決定する場合には、担当者はイメージがこの段階になれば毎日の打ち合わせで完成していますが、イメージが経営層は完全に把握できていないので、判断が金額のみになりがちであるため注意しましょう。

最終の新しいオフィスの仕様の決定がスムーズに進むように、関係者に分かりやすい資料を準備することが必要です。

再度、確認漏れが無いかや委託先と認識が違っていないかをチェックしましょう。

引越しお役立ちコラム一覧